Home • 通信制高校で高校卒業資格を取ることができます!

通信制高校で高校卒業資格を取ることができます!

 - 

通信制高校の卒業要件は3つ!

通信制高校で卒業するためには3つの要件を満たさなければなりません。1つめは3年間以上の在籍期間が必要なことです。学校教育法で定められていて、全日制や定時制の高校でも同様です。転入や編入で通信制高校に入った場合は、前の学校の在籍期間も加えることができます。2つめは、必履修科目の履修と74単位以上の単位修得です。転入・編入者は前の学校で取得した単位も計上できます。必履修科目というのは、すべての生徒が履修しなければならない科目で、「国語総合」・「体育」などの科目のことです。3つめは、ホームルームや文化祭などの特別活動に30単位時間以上参加することです。

単位修得のためにはレポートの提出が必要です!

通信制高校で単位を修得するためには、自宅で学習してレポートを作成し、スクーリングを受け、試験に合格する必要があります。レポートを提出しないことには試験が受けられません。レポートの回数は、科目によって異なりますが、1単位について1~3回となっています。例えば4単位の「国語総合」であれば、12回のレポートの提出をしなければなりません。「後でやろう」ち先延ばしにしていると、レポートがたまってしまいどうにもならなくなります。いかに自分で計画的に学習できるかが、重要です。

単位修得のためにはスクーリングの出席が必要です!

レポートの提出だけでは試験を受けられません。スクーリングと呼ばれる面接指導を受けなければなりません。学校によって異なりますが、多くの場合は週1~3回登校して、スクーリングを受けることになります。この回数も学習指導要領で決められています。科目によって異なりますが、1単位当たり1~8回必要となります。座学形式の科目は少なく、実習を伴う理科や体育などは多い回数が課せられています。全日制と異なり、休んでもほとんど連絡はありません。通信制高校は、自分のやる気がないと卒業できない仕組みです。レポートとスクーリングの条件を満たして初めて、単位認定試験が受けられます。

通信制高校なら熊本の学校を見つけることにより、就職や進学に関する支援制度を上手く利用することが可能となります。