Home • 将来活用できる心理学を学ぶための3つの心得

将来活用できる心理学を学ぶための3つの心得

 - 

心理学の分野をまず決める

心理学は幅広い分野を扱っているので、自分が興味ある分野、学びたい分野を決める必要があります。分野を決めることで、専門的に特化することができ、将来武器として心理学を使えるようになります。もし決めることができない場合は、まず幅広く学び、その後で決定すると良いでしょう。大学で心理学を学ぶ場合は、学べない分野がある可能性があるので、入学前に確認する必要があります。学びたい分野を扱っている大学があれば、そこで勉強すると良いでしょう。

学んだことを自分なりに仮説を立てる

心理学をただ受け身で学んでいても、自分の武器として扱えるようにはなりません。本当にそうなのかと疑問を持ち、仮説を立てることが必要です。『もしかしたら、こういう結果になるのでは』や『こういう状況では、こうなるだろう』と仮説を立て、次に自分なりに実証すると、より深く学ぶことができるでしょう。注意しなければならないことは、仮説が間違っていた場合です。その場合は考え方を改め、一つの結果として取り入れて学ぶと良いです。

信頼ある教授に教えてもらう

心理学に精通している教授が入れば、直接指導してもらうと良いでしょう。将来心理学を武器として使っていくにはどうしたら良いか、将来進みたい会社で心理学を活用するにはどうしたら良いかなどを教えてもらうと、しっかり学ぶことができます。どう使うかをイメージして学ぶことが大切であり、それを教授に直接教えてもらうことが近道となります。また、心理学界で有名であれば、その信頼は高いと言えるので、誰でも良いとは考えず、誰に教えてもらうかをしっかり考えましょう。

心理学の大学を利用するメリットとして、近い将来にカウンセラーとして企業内で勤務をするうえで必要な知識を得られることがあります。