Home • これだけは知っておきたい!信用取引の基礎知識

これだけは知っておきたい!信用取引の基礎知識

 - 

現物取引と信用取引の違い

信用取引と現物取引の違いとしては、信用取引の場合は銘柄にもよりますが、新規で株を売るという取引ができるという点で違いがあります。これは空売りと呼ばれるもので、証券会社から株を借りてきて市場で売り、期限までに売った株を買って戻すという取引方法です。株の値動きは流動的であれば、値が上がるときもあれば、下がるときもあります。空売りであれば、株価が下がれば下がるほど利益になるので、株価の下落局面でも利益を上げることができます。

レバレッジをかけることができる

信用取引の場合は、自分が証券会社の口座に預け入れた資金を担保として、その3.3倍までの取引ができます。例えば、100万円を口座に預け入れれば、330万円分の株を売買することができるということになります。ただし、大きな金額の取引をするほど、わずかな株価の変動で損失も大きくなりますし、損失が大きくなると担保である資金が減ってしまって、最終的に自動的に保有株を決済されてしまう恐れがあるので、特に初心者の内はあまりレバレッジをかけないで取引をするということも大事になってくるでしょう。

信用取引を始めるには

信用取引の場合は、証券会社に申し込めばすぐに取引をすることができるというわけではありません。証券会社に口座を開設して、それから審査をして、その審査に通った後に取引ができるようになります。審査内容としては、電話でウェブで信用取引に関する基本的な知識を問う質問がなされますから、質問に答えていくことになります。ですから、信用取引を始める前の審査を行う前にある程度の信用取引の知識を知っておく必要があります。

信用取引とは、自分を信用してもらうことで持っている資金以上に株式投資を行うことです。持っている資金以上の取引をできるだけでなく株価下落時にも利益を出せる、株主優待をお得に手に入れられるのが魅力です。